就職準備を始めよう!

「働く」目的や意味を考えてみましょう

 

<「働く」ということについて>

〇「働く」ってなんだろう??

【働く目的】

生活の維持:収入を得て自立した生活をすること。

個性の発揮:仕事に対してやりがいを感じる事や、仕事を通じて自分自身が成長すること。

社会への貢献:働くことで、自分の力を社会のために活かせること。

人間関係の広がり:仕事を通じて多くの人と出会い、また人から認められること。  など

 

【働く上で求められる力】

就職活動の際には、「私を採用すると将来的にお得です!!」と、わかってもらウことが大事です。

企業によって求める条件は全て同じではないですが、一般的にいえるのは、

①コミュニケーション能力

②基礎的な生活態度

③人格・パーソナリティー

などが重視されています。

 

<職業の種類について>

世の中には「販売職」や「サービス職」など様々な職種があります。

それでは、大きく分けて一体何種類の職種に分類されているでしょうか?

正解と職種・職業の一覧はコチラ!

⇒【職業分類一覧表

 

<資格と仕事>

①仕事の中には、『資格』を取得していないと就けないものもあります

例)学校の先生

必要な資格・・・『中学校教諭免許状』や『高等学校教諭免許状』

②会社のお金の計算を扱う人にとって、『持っておいたほうが良い資格』もあります。

例)会社の経理

持っていた方が良い資格・・・『簿記』

 

将来就職する際にどんな『資格』が必要になるか、今のうちから知っておいて損はありません。以下に、こんな仕事にはこんな資格が必要(もしくは持っていた方が良い)という例を載せてみました。参考にしてください。

【『トラベル・航空関連』の仕事の場合】