「ゆったり、ゆっくり、まわり道」

本校の教育は常にゆっくり、ゆったりとした場所と時間のなかでのんびり過ごせるようにしています。

のんきといえばその通りかもしれません。しかし、人生で一番大事な青年期だからこそゆっくり考えながら、ゆったりとまわりを眺めて、多くの体験を仲間とともに失敗を重ねながら周り道をして、目標に近づくようにとの願いから考え出されたものです。

ゆっくり、ゆったりした中で自分をみつめ、今までの自分にはない新しい自分を創り、周囲を気にしないで心のゆとりをもてば他人を認め、手を差しのべる優しさが生まれます。その優しさが仲間の意識を高め、遠慮のないありのままの自分を出させるものとなります。

青年期特有の脱抽象化の中で、不安感から脱却し仲間とともに育ち、自己肯定感を持ち、達成感を味わうことは、その後の人生に大きな影響をもたらします。

肯定感や達成感は与えられるものではなく、自ら体験して得られるものです。押しつけたり、敷かれたレールを転がるだけでは決して体験できないものだと思えます。その体験は人によって感じ方が異なります。

だからこそ「ゆっくり、ゆったり」が必要であり、他人から無駄と思えることも、人によればこのうえない有意義なものであるかもしれません。

人はそれぞれです。「みんな違って、みんないい」は、結果の善し悪しや速度の問題ではありません。
一人一人が尊重され大事にされなければいけません。

一つのことでもゆっくり時間をかけてわかれば、喜びは大きく自信につながり、「学ぶ楽しさ、わかる喜び」は体験的な学習の中で生まれてくるものだと思います。これで学び得た力が本当の学力ではないでしょうか。また、その時に「ともに喜んでくれる(共感)できる仲間」が本当の友人です。

本校ではこれらのことを踏まえて教育目標を、「社会的自立」~ひとりで生きていく力を養う~としています。何より本校で大切にしたのは「心を育てる」ことにあります。「これが出来る、これが出来た」から「これがしたい!」と生徒が言える教育が本校の理想です。

生徒も学び、保護者も教職員も学ぶ。楽しみながら学び輝く「ともに学んで、みんなで輝く」が本校の校訓でもあります。