学校評価制度 調査結果をふまえて

総評

学校の校訓は「ともに学んで、みんなで輝く」であり、その方針は「ゆとり、優しさ」である。
即ち、優しく真面目に取り組める人間であってほしいという人として当然の姿と、青年期という人生で一番輝く時期に一人ひとりが大事にされているかを、具体的に示したものが本校のカリキュラムである。
表面的にこれを評価し、数字化することでどこまで真意が現れるかは少々疑問の残るところではあるが、結果においてもその評価は概ね支持されていると思われる。
なお、経理公開や公開授業は、学校として当然のことであり、更にいえば運営についても可能な限り生徒・学生、保護者の意見を反映させていかなければならない。
教育は、ボトムアップであり、民主的な教育でなければならない。

学校運営

本校の教育目標・教育方針については、入学試験前の学校見学で保護者に具体的に説明し、協力をお願いしているためにほぼ理解されている。
今後も教職員・保護者・学生・生徒ともに共通の認識を持って学校運営に取り組んで行きたい。
「学校生活は充実していて、学校へ行くのが楽しみである」については、高評価であり、学校の雰囲気がすべての人々の協力もとで成り立っていると思われる。
授業の公開については、保護者をはじめ、外部の研究者および学校関係者(他校教諭、大学生・大学院生等)など、普段から見学者も多く、生徒・学生が一番感じているところでもあり数値は高い。
教職員の意思疎通を図り、協力体制を構築しつつ、保護者との信頼関係を築きながら意見・要望を取り入れ連携についても今後も一層の教育活動の充実・向上に努めていきたい。
また、アンケート結果について保護者・生徒に知らせ、結果を活用し学校運営に努める必要があるとおもわれる。
また、個人情報の扱いには、細心の注意を払っているが、扱いについてはさらに徹底し、個人情報が流出することのないように日々心がけたい。

教育内容

わかりやすい授業は、今後もさらに高評価が得られるように、授業での取り組みを充実させていけるように取り組んで行きたい。
授業によっては、発達の段階を鑑みて基礎学力を中心に取り組んでいるだけに、環境整備も含めてさらに必要であると感じる。
わかりやすさと達成感を養う上では、集団での関係構築に重点も置いていることから、そのバランスを授業でどのようにとっていくかは課題である。
また学習面だけでなく、ホームルーム等を通してモラルやルールを守るよう日々指導をしているため、その点が数字に反映されていると思われる。
今後は、学校だけではなく社会生活を送る上で学校外での規範を身につけ、豊かな心が育つよう、より一層の努力が必要と考える。

生徒指導・生徒支援

本校は一人一人の発達課題に応じて、生徒一人ひとりに対して保護者とともに一緒に考えていくことができる環境を今後も作っていく。
また必要に応じて学校心理士との連携をはかり専門的なカウンセリング等も行っていく。
保護者からは一定の理解と満足を得られていると考えられる。ただし生徒・学生からの理解と満足について、カウンセリング等の在り方について今後も検討する必要があると考える。
日々、学校での生活を実感が出来るような環境や教育内容を、授業と生徒指導を通じて、生徒自身が感じられるように更に努力をしていきたい。

自己点検・自己評価報告書 別紙参照

自己点検・自己評価報告書(約222KB)