menu

通信制大学、通信制高校のある八洲学園はあなたにあった学びの場を創造しています

平成18年度第2回理事会報告

公開日:2006年12月01日 カテゴリー:理事会報告 タグ:

平成18年度第2回理事会

理事会議事録

1.日  時  平成18年12月1日(金)午後3時30分開会、同4時30分閉会

2.場  所  八洲学園大学 会議室

3.出席者  理事の総数5名  出席4名  
        和田公人  小森嘉之  古川直季           

       意見書提出出席者1名  吉原和仁  
        欠席1名  髙橋 進
 
       監事の総数2名       
        出席2名 上田 実  前鼻英蔵
 
4.議  長  和田 公人

5.審議事項

 第1号議案  平成18年度第2回補正予算承認の件
         
 議長は平成18年度第2回補正予算書を配布し、八洲学園学園本部及び八洲学園大学は和田理事長、八洲学園高等学校は二宮校長、八洲学園大学国際高等学校は和田校長、西日本柔道整復専門学校は奥田校長がそれぞれ詳しく説明、八洲学園高等専修学校は谷口校長が欠席の為、あらかじめ提出されていた説明文を議長が読み上げ一同に諮ったところ、全員異議なく可決承認された。
       18年度第2回補正予算書.pdf  

 第2号議案  貸付金承認の件

 議長は■■■より差し入れられた金銭借用証書の写しを配布し、生徒から預かりの平成18年度の授業料支払いについて猶予をいただきたいと申し出があったので、授業料未納であると学籍が維持できないため、授業料の支払いはあったこととし、その金額分を年度内返済の短期貸付金としたい旨説明、一同に諮ったところ、全員異議なく可決承認された。
  (※公開にあたって一部議事録を改変してあります)

 第3号議案  執行役員採用について、及びそれに伴う執行役員就業規則、報酬規則一部改定承認の件
         
 議長は平成18年1月1日付けで、A氏を執行役員理事長補佐として雇用したいと経歴書の写しを配布、また現行の執行役員就業規則では、役員とは理事会において年俸制適用者として選任された校長、副校長、教頭をいう。となっているので理事長補佐では採用できないため、校長、副校長、教頭の部分を各校管理職及び学園本部管理職と変更、さらに報酬規則についても、今年度より執行役員となる者には能力評価を重視するため、通勤手当を支給しない内容を付け加えたいと就業規則、報酬規則の新旧対照表も配布し、A氏の人物及び年俸など雇用条件を披露、採用の可否と規則の変更を一同に諮ったところ、全員異議なく可決承認された。
  (※公開にあたって個人名は匿名としてあります)
  執行役員就業規則改正案.pdf
  
 第4号議案  八洲学園高等学校就業規程改定と、それに伴う職員の主な非行に関する標準的な処分量定を定める規程新設の件
         
 議長は八洲学園高等学校の職員の主な非行に関する標準的な処分量定を定める規程を配布、二宮校長から就業規程の懲戒項目に職員の主な非行に関する標準的な処分量定を定める規程により実施する内容を追記し、それを詳しく説明したところ、上田監事より譴責、減給、停職までの懲戒処分は校長に委任することができるとあるので、解雇以外については校長の権限範囲であるのかとの意見があり、全員で校長の権限範囲と確認された。また小森理事より処分は理事会よりの委任事項であるため、すべて理事会に報告義務があるとの意見が出たので、この件も全員で報告義務があると確認された。確認事項周知の後、議長より一同に諮ったところ、全員異議なく可決承認された。
標準的な処分量定を定める規程.pdf
          
 第5号議案  八洲学園大学学則変更の件

 議長は八洲学園大学学則変更新旧対照表を配布、吉田事務局長より学校教育法一部改正に伴い、助教授を准教授に変更、新しい職位として助教を新設することを説明、議長より一同に諮ったところ、全員異議なく可決承認された。
八洲学園大学学則改正.pdf

 第6号議案  八洲学園高等学校学則変更の件
 議長は八洲学園高等学校学則変更新旧対照表を配布、二宮校長より堺市が政令指定都市になったため、住所表示変更に伴う位置の変更、生徒の選択肢を増やすために科目を追加することを説明、議長より一同に諮ったところ、全員異議なく可決承認された。
八洲学園高校学則改正.pdf  

  
以上の通り審議を終了したので閉会する。
  
平成18年12月1日  
  学校法人 八洲学園理事会

  議 長  和田 公人    

理 事  小森 嘉之    古川 直季    吉原 和仁

 

カテゴリー

月別